だめな大学生のいい見本 音ゲーが少し好き


by modatyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

期待

過度な期待より淡い期待を抱いている方が、叶わなかった時のショックが大きい自分は珍しい??

昨日ひさしぶりに松本市外のゲーセンに足を運んだ。
目的はただひとつ。とあるゲームをさがしてました。

その名も電脳戦機バーチャロン・フォース(VO4)



…そういや、このブログではこの話題初めてだったっけか。
まー、よいや。知ってるひとも知らないひとにも優しくない紹介でも。

ジャンル名:3D対戦型アクションシューティング
このあたりから、もうね…って感じですが。
ロボゲーです。見たまんま。多分知ってる人も多くも少なくもない感じ。
二本のスティックで機体を操作します。その人馬一体的な操作フィーリングとあまりにも目まぐるし過ぎるスピード感で一世を風靡した(の?しかもオラトリオ・タングラムだけだしそんなの)セガの代表作。

こんなのでいいか。ここ見てるひとは大体知ってるよねぇ?w

んんで、なんでこのゲームを探していたかと言うと、まず自分とVOのなれそめから始めなきゃならんのだけど、いずれは通る道だ。よし書こう!

<わたしとチャロン:出会いと別れ・そして再開編>

電脳戦機バーチャロン

自分が初めてバーチャロンに触れたのは忘れもしない小学五年生の時だ。
よく集団で遊びにいく友人(自分はあんまり仲良くなかった)の家があって、そいつが買ってたのでやろうぜーみたいな話になったのはいまでも思い出す。当時コロコロコミックで特集組んでたからそれを見てたのかな?ミーハーなやろうだ。
そして、ジャンル名の通り、対戦です!

まー対戦といっても、やり込んでない小学生のことです。しかも持ち主はもうやってるけど、自分は初めてですよ。
なんで何の説明もなく対戦させるのかなーあいつは…
もちろんボロクソです。言うまでもなしですね。

思い出すと、なんとも良くないファーストコンタクトだ。

そしてここから中2になるまで触りもしませんでした。あぁ胸くそ悪い。
なんで中2でまた再開かというと、そのときのクラスメートが持ってたからですね。
そして昔の記憶を蘇らせつつプレイ…あれ、なんか楽しいねこのゲーム。

久しぶりにやると、前はわからなかった良さがどんどん見えてくる。
そこで思う。これは楽しい!

<わたしとオラタン:新たな出会い編>

それなりに売れてるゲームであれば続編がでるのが世の必然というもの。
VOもその例に多分に漏れず、新たなる世界を開くこととなりました。

電脳戦機バーチャロン・オラトリオタングラム

新たな基板の採用によりSS版とは比べ物にならない動き、グラフィック、武装…!
おそらく、もっともスピード感があるVOといったらこのシリーズをあげる人が大半であろう。あと多分知名度もこれが一番ある気が。


書いてみて思ったけど、やたら長いわ…!

というわけで、続く。
[PR]
by modatyan | 2006-03-31 04:51